アラサーの老け肌に合った基礎化粧品選んでる?悩み別のオススメとは

アラサー 基礎化粧品

アラサーに近づくと、今までと比べて肌の調子に「あれ?」と不調や違和感を感じたり気になったりしますよね。

肌が求めている成分も若い頃とは違うため、基礎化粧品の選び方もこれまでとは変えていった方が良いです。

アラサー肌には長年浴びてきた紫外線の影響が強くあらわれやすく、シミやくすみが目立ちやすくなりがち。

シミを薄くする効果のあるビタミンC誘導体が含まれた化粧水などが良いでしょう。

また肌のたるみが気になってきたというような方には、たるみを防止する効果があるコラーゲンがしっかり配合された商品を選ぶのがオススメです。

乾燥肌が気になるという方なら、セラミドやヒアルロン酸などの有効成分が入った化粧水、美容液などを使うのが良いでしょう。

30代以降はそれまでと比べて肌のトラブルが起こりやすくなりますが、そういう時こそ自分の肌質や肌のお悩みに合った基礎化粧品を選び使うことが大切。

 

おすすめ基礎化粧品で悩み無用!アラサー女性が絶対知りたいのはこれ

基礎化粧品で悩まない!30代女性の満足度の高いアラサー基礎化粧品はこちら!

トライアルセットが化粧品を選ぶことでお財布にも優しく、自身の肌にも合う化粧品と巡り合えるはず!

 

オルビスユー

価格:1296円(税込)
容量:トライアルセット(洗顔料、化粧水、日中用保湿液、夜用保湿液)

30代満足度90%!エイジングサインに揺らがない、浸透力、コスパともに30代にピッタリの乾燥肌に悩まないモチモチ肌に!

ビーグレン
ビーグレン

価格:1,944円(税込)
容量:トライアルセット7日

アラサーのスキンケアの中で人気化粧品のひとつとして注目されている『ビーグレン』は、最先端医療技術を使って作られたアラサー基礎化粧品として人気になってきています。

 

次はピンポイントでケアや予防におススメの基礎化粧品をまとめました。

頑固な大人ニキビを何とかしたい【アラサー基礎化粧品】

ルナメアAC(FUJIFILM)

価格:1,080円(税込)
容量:トライアルキット7日間

アラサー スキンケア 人気になってきている『ルナメアAC』は、年齢と共に増えやすくなるアラサーのニキビを改善することが出来るアラサーにオススメのエイジングケア化粧品です。

アラサー基礎化粧品に必要不可欠な保湿成分に加えて、ニキビの原因となる毛穴の詰まりや汚れを優しく除去することが出来るファイバースクラブが配合されているので、毛穴の詰まりを洗顔料で取り除き、化粧水で乾燥を防ぐ潤いとニキビ有効成分を浸透させることにより、肌の潤いをキープさせることが出来ます。

敏感肌でピリピリしちゃう方に【アラサー基礎化粧品】

ノブL&W

価格:1,404円(税込)
容量:トライアルセット7日間

きちんとスキンケアを行っているという方でも、目元や口元に乾燥小じわなどのアラサー シワが目立ちやすくなってくると、肌に必要な保湿成分が不足しているサインなので、アラサー基礎化粧品『ノブL&W』がアラサー のスキンケア商品の中でも人気になっています。

年齢と共に肌のバリア機能が低下している状態を改善して、しっかりコンディションの良い肌質に整えてくれる敏感肌用のスキンケア化粧品なので、高保湿成分で肌にハリと弾力を取り戻し、美白ケアでシミやシワの対策を行うことが出来ます。

シミケア、予防を始めたい方に【アラサー基礎化粧品】

資生堂 HAKU

価格:2700円税込
容量:10g

13年連続売り上げ№1の資生堂美白ブランド「HAKU」

【医薬部外品】薬用美白美容液!HAKUメラノフォーカスV!シミの原因となるメラニンをあらゆる方向からカバー!2種の美白成分と夏でも乾燥しない保湿力、

肌のハリが気になっている方のケアに(アラサー基礎化粧品)

ファンケル アクティブコンディショニング

 

肌のくすみケアをはじめたい、予防したい方に(アラサー基礎化粧品)

エリクシールホワイト

 

30代前半基礎化粧品の選び方とは

30代前半 基礎化粧品 選び方

30代前半になってくると、10代20代のときに選んでいたやり方で基礎化粧品を選ぶのはよくありません。

選び方には注意が必要であり、それ如何によっては40代になってから影響を及ぼすこととなり、老けて見られてしまうといったことも将来的に発生してしまいます。

そのため、大事なこととしては、人気であったり定員さんのおすすめに従うのではなく、自分の肌にあった基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

数日使ってみて、肌のハリなどの調子をチェックするのが良いです。

少しでも潤いがなくなってかさついてしまったりするようでは自分の肌に合わないので、その場合には使用を中止すると良いです。

そして、美肌など見せることを意識するのではなく、健康を意識することと良いです。

肌の角質は消耗品でもあるため、扱い方が雑になってしまうと、将来的に限界がきてしまいます。

そのため、肌を健康に保つことを念頭においておくと、よい付き合いができます。

30代後半基礎化粧品の選び方とは

30代後半 基礎化粧品 選び方

30代後半の方がこれまでとは異なる基礎化粧品に切り替えたい場合に見るべきポイントは、自分自身の肌と今一度向き合い肌質を知って合わせるようにする事です。

年齢を重ねる事により肌は衰えていきますし、女性ホルモンによって絶え間なく変わり続けるため、明確に肌タイプを理解していれば失敗せずに基礎化粧品が選定できます。

つまり、高級ブランドであるが故に良いとは言い切れないですし、同様に高価格品であるから良いとも言えないのです。

30代後半とも言えども、美容に目覚めた女の子が初めて使い始めるようなシンプルな保湿剤が最も合っている方も居ます。

もちろん、一時的に表皮のコンディションと合致しているだけの可能性もあるので、30代後半の基礎化粧品の選び方としては常に自身の状態に目を向けて、少しでも好ましくない変調が出たらすぐに他の物に切り替えるという柔軟さです。

20代の頃とは違い、相性が悪くて赤みなどが引き起こされても、治りにくいという事実を受け止めるのも大切な心構えです。

アラサー必読!基礎化粧品の正しい使い方とは

アラサー基礎化粧品 使い方

基礎化粧品は使い方が重要です。高額化粧品でもチープな化粧品でも同じです。洗顔が最も重要で、洗顔方法が間違っていれば肌に負担がかかるばかりです。

洗顔はどんな洗顔料でもかまいませんが、泡をたっぷりとたてて肌を泡で包み込み、汚れを浮かします。このとき刺激にならないようにこすったり、摩擦を起こしたりしないようにすることが大切です。

汚れをしっかりと落とすためにすすぎも重要です。

たっぷりの水で泡だけでなく汚れもしっかりと落とし、肌がすっきりとする感覚を自覚して毎日同じように洗顔することで肌のターンオーバーが整い、肌細胞が自分自身で潤いを保持することができるようになります。

肌が健康になれば基礎化粧品はシンプルな成分で数も少なくて済むようになります。

使い方はこちらも洗顔と同じく摩擦を起こさないことです。肌を包み込むようにしてゆっくりと成分を浸透させます。

パフや筆など肌にふれるものは刺激の少ない柔らかいものを選ぶことが大切です。

毎日のことですので正しい使い方を継続することで肌質が変わってくるのに気が付くはずです。